医療福祉相談

治療や入院に関して

人は、病気になることや入院することで、色々と不安になったり心配になったりします。そして、治療期間が長くなればなるほど、様々な生活上の問題が複雑に絡み合う形で生じてきます。
特に「心の病」は、時にその治療や入院が長引く場合があり、ご本人さまのみならず、ご家族さまや周囲にも影響を与え、様々な問題が生じることも少なくありません。

精神医学ソーシャルワーカー(PSW)とは?

精神医学ソーシャルワーカー(PSW)は、社会福祉の専門家として、患者さまの治療・入院に伴い様々な生活上の問題が生じた時に、社会福祉制度やサービス提供施設などの情報を提供、また、問題解決に当たっています。
例えば、療養生活でおきる悩みや、医療費・生活費などの経済的なことへの不安や、制度の利用等、あるいは手続きに関すること、退院にむけての相談にのっています。
その際、医師や看護師等のスタッフ、必要に応じて各関係機関とも連携を図りながら、ご本人さま、ご家族さまとご一緒に取り組んでいます。

障害者相談支援センター 小鹿

丹波市から相談支援事業を受託し、障害のある方やご家族からの相談に応じ、必要な情報提供や助言、関係機関との連絡調整を行っています。障害福祉サービスの利用に必要となるサービス等利用計画の作成(計画相談支援)も可能です。また、平成21年度より兵庫県地域移行支援事業を受託し、精神科病院に長期入院中の精神障害のある方の地域移行支援を実践してきました。平成24年4月施行の地域相談支援にも対応しています。