スタッフブログ

少し早い書初めです!

デイケア

今年最後の書道クラブでは少し早い書初めを行いました

前回のメンバー様の希望もあって今回は長半紙で!!

「竹馬のり」と書きました!

いつもと違う紙の形に「バランスが難しい!」との声も!

ですが集中して活動できました。メンバー様の作品は掲示板にて展示中です!

スパゲッティ定食作り

デイケア

ナポリタンとミートソース2つの味で調理を行いました!

好みの味に分かれて、ミンチやウィンナー、玉ねぎを市販のソースに合せ炒めました!

大根のサラダとカボチャのポタージュも!(*´▽`*)

美味しく調理出来ました!

「"振り返り"と"気づき"」    PSW室

管理棟

ソーシャルワークのアプローチ方法の中に、「ナラティブ・アプローチ」というものがあります。

クライアントの語りや主体性を重視し、クライアントの語りを「物語」として捉えます。クライエントが語る(思い込みや偏見や思い違いも含めて)「物語」をそのままに受け止め、ドミナントストーリー(クライエントがそれまで紡いできた、沢山の問題を抱えた物語)から、オルタナティブストーリー(これから紡ぎ出す新しい物語)をソーシャルワーカーと共に描き出し、問題からの解放を目指すというものです。

社会構成主義の影響を受けて発展したアプローチ方法で、目の前に繰り広げられる現実は、様々な交流や対話を通し社会的に構成されたものであると捉え、自身の物語を語る中で、これまで起きた出来事や体験に、自らが新しい意味を見つけ、それまでの物語に納得する事で問題を乗り越えていこうとするものです。「沢山の問題を抱えた物語」を、「大した問題でも無い物語」や「何ら問題無い物語」に変えるのは、自身の持つ「物語」を丁寧になぞり、捉え直しとなる「気づき」が必要になるのです。

 ソーシャルワーカーとの関わりが無くても、慌ただしい毎日の中で、少しゆっくり自分を振り返ってみる作業は、意外に良いのかも知れませんね。

クリスマス準備    心理

管理棟

気がつけば、もうクリスマスの準備の季節ですね。

今年も病棟のイルミネーションや廊下の飾り付けなど気合を入れています!

温かいライトの色は心も癒されますね。

 

一説には、人間の情報処理の8割は視覚によると言われています。

お家の照明や飾りを好みのものにすると、ヒーリング効果が抜群ですよ!

トライやるvol.64 紅葉☆名所めぐりin和田山方面

デイケア

毎年行っている紅葉狩りですが今年は初の和田山方面へ!

立雲狭や養父神社の紅葉を見学しました!

あいにくの雨降りでしたが、雲間から少し太陽が出ると

なんと!虹が( *´艸`)!!とっても綺麗でした!

写真は養父神社です!

赤と黄と緑のグラデーションがとても良かったです!